韓国旅行のおすすめスポット|扶余の観光とリゾートホテルを満喫

こんにちは。今回、紹介する韓国旅行のおすすめスポットは韓国の忠清南道にある扶余(ブヨ 부여)です。

扶余といえば、百済最後の都として有名で、日本ともつながりのある国でした。日本史の時間にでてきた「白村江の戦い」を覚えている方がいるかもしれませんが、その舞台となった場所でもあります。

新羅の都であった慶州に比べると、割とあまり知られていない扶余ですが、実は慶州よりも旅行としては楽しめる部分が存在します^^その点については記事の後半で書いているのでお楽しみに

今回の記事ではそんなおすすめスポットである扶余観光の魅力について紹介したいと思います!

扶余の位置情報

ソウルから扶余までの行き方は、高速バスになります。今回は(運悪く)公州経由の高速バスだったので、2時間くらいかかりました。直行バスだとはやくつきます。

地下鉄3号線の南部ターミナル駅にある南部市外バスターミナルで扶余行きのチケットを買います。

扶余市外バスターミナルは大きくありませんが、ロッテリアの向かい側と覚えやすいところにあります。

扶余を観光しながら思ったのは、バスやタクシーを使う必要がなく、徒歩で主要観光地を回ることができる点。そんなわけで今回も徒歩で3つの観光地を回りました。

  1. 扶蘇山城と落花岩
  2. 定林寺址
  3. 宮南池

スポンサーリンク

扶蘇山城と落花岩

扶蘇山城(プンサンソン)は扶余の北側にある山城で、バスターミナルから歩いて10-15分ほどです。

ハイキングコースはだいたい2時間くらいですが、私たちは1時間コース?を登ってきました。

ちょうど連休だったので家族連れも多かったです。

扶蘇山城と落花岩

扶蘇山城はみどころがたくさんありますが、おそらく一番有名なのが落花岩と写真の百花停です。

落花岩(ナッカアム)は、百馬江に面した絶壁で、百済滅亡のとき、ここから百済王宮の女官たちが身をなげたという話もある悲しい場所です。

百馬江

落花岩からみた百馬江。写真に見える船は遊覧船です。

定林寺址(チョンニムサジ)

次に訪れた場所が定林寺址です。扶蘇山城を降りてひたすら南下します。

当時は講堂や門などもあった大きな寺院だったらしいですが、広い敷地にあるのは写真の五重石塔と博物館でした。

五重石塔 定林寺址

最初はどこが入口なのか分からずけっこう周囲をぐるりと歩き回ったのですが、南側にある小学校との境と、東側にも駐車場と入口があって、こちらは博物館が近いです。

スポンサーリンク

宮南池(グンナンジ)

最後に訪れたのが宮南池。ここが市外バスターミナルから少し離れたところにあります。定林寺址からだと扶余国立博物館に立ち寄ってからいってみるといいかもしれません。(私たちが行った日はちょうど閉館日でした・・)

この池も百済時代につくられたもので、韓国で最初につくられた人工池だそうです。

宮南池

宮南池

ちなみにこの日はちょうど観光週間になっていて、扶蘇山城と定林寺址の入場料がタダでした。

今年2015年の観光週間は春は5月1日から14日までだそうなので、少しお得に観光することができますよ。

韓国観光週間

「観光週間 地域別の主なプログラム」出典:sinews(韓国語サイト)

扶余の食事

観光を終え、ホテルに戻る前に夕ご飯を食べにいきました。いつも通りネイバーブログで検索してみると「百済香 백제향」というお店が何やら有名らしいということで行ってみました。

扶余で有名な料理を調べてみると、蓮の葉ご飯だそうで、先ほどの宮南池や扶余市内でも蓮の花祭りがあるのだとか。

百済香 百済香1

韓定食プラス蓮の葉ご飯を注文し、一人16,000ウォンでした。

宮南池からだと歩いて10分ほどです。店は大きめですが、6時過ぎくらいから人が入り始めるので、少し早めにいった方がいいかもしれません。

お店の場所

ロッテリゾート扶余

市内からバスに乗って移動する必要があります。

(個人的に)韓国旅行のおすすめスポットとして慶州よりも扶余が楽しめると思う理由がこのロッテ扶余リゾートホテルとアウトレットです。

ロッテリゾートホテルロッテリゾートホテル

値段はそれなりにしますが、かなりオススメです。今まで扶余への旅行といえば、日帰りが主流だったと思うけど、ロッテがこのエリアを開発してから1泊以上する観光客が増えたのではないかと思います。ある意味こっちがメインになっているかも

残念ながら室内の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、けっこう広かったです。よくなかった点を一つあげると、歯ブラシが備え付けではなかったこと。。(エコ対策らしく地下のコンビニで買ってきました)

ホテルの予約方法

去年の5月に行ってきたのですが、ちょうど連休でホテルは満室でした。実はこのホテルを予約しようと韓国語のサイトも調べまくったのですが全部満室・・・

で、ダメ元で日本語サイトで「ロッテ扶余リゾート」を検索してみると、なんとないはずの空き室が!!しかも気持ち韓国ウォンより円の方が安かった(笑)

ラッキーと思って速攻で予約しました。

ちなみに私は、下記のホテル予約サイトで探して予約しました。知っている人もいるかもしれませんが、韓国語サイトで満室のときは、日本語サイトで調べてみると空き室が見つかったりしますよ^^
➡️ロッテ扶余リゾートの予約はこちら

扶余ロッテアウトレット

扶余ロッテアウトレット

引用:ロッテ(韓国語サイト)

ホテルの向かい側にアウトレットがあります。ちょうどカバンが欲しかったので買いました。通常価格の50%引きでした。おそるべしアウトレット(笑)

百済文化団地

このリゾートエリアの魅力はショッピングだけではありません。百済時代の王宮を再現した百済文化団地もなかなか楽しめますよ。

百済文化団地百済文化団地百済文化団地

当日は天気もよかったので写真もきれいに撮れました。

イメージとしてはソウルの景福宮と水原の民俗村を足して2で割った感じかな。最初、ホームページでみたときは、「どうせできの悪いミニチュアだろ」と少しなめていたのですが、なかなか造りがしっかりしていて驚きました。(ロッテさんごめんなさい)

ともかく韓国旅行がはじめてって人も十分楽しめる場所だと思いますよ。

まとめ

2日目はリゾートエリアで遊んだりショッピングを楽しんで、バスに乗って市外バスターミナルまで戻り、そこで高速バスに乗って戻りました。

ここで一つだけミスったのが帰りのソウル行きのバスに乗る人が思ったより多かったこと。チケット売り場で買った時、途中まで立ち席になる可能性が高いよと言われたのです。。。

運良く席には座れたのですが、立ち席の人もけっこういました。

なので予め復路のチケットと時間を調べて買っておいた方が賢いかもしれませんね。

そんなわけで韓国旅行のおすすめスポットの紹介を終えたいと思います。5月の連休に韓国に旅行で来られるという方はぜひ扶余も候補地に入れてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 韓国旅行で快適にネット接続できるおすすめWi-Fiレンタルを徹底比較

  2. 韓国の安東へ旅行|河回村のほかオススメ観光地を紹介します

  3. ソウル行きの格安旅行ならLCCのイースター航空がおすすめ

  4. 韓国旅行でもはや必須!簡単なWi-Fiルーターのレンタル方法

  5. 韓国の栄州市で山登り|小白山国立公園を紹介します

  6. ソウル観光の拠点はココ!明洞のおすすめホテル7選

  7. 済州島旅行|西帰浦にあるおすすめホテルとグルメを紹介

  8. 地下鉄・バス移動で必須!韓国への旅行で役立つスマホアプリの紹介

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA