韓国旅行で快適にネットに接続できるおすすめのWi-Fiレンタルを徹底比較

前回記事で韓国のWi-Fi事情について紹介しましたが、韓国では空港、ホテル、カフェなどで無料のWi-Fiが使える場所が増えており、韓国旅行でネット接続に困ることはあまりないと思います。

ですが、セキュリティーの観点から、パスワードがない無料のWi-Fiを使ったりすることは、あまりオススメできません。

また、地下鉄の移動中や道端でグーグルマップを開いたり、LINEで連絡するときなど、すぐにネットに接続したいとき、Wi-Fiが使えないと不便ですよね。

そこで、海外パケット通信を利用するか、海外で使えるWi-Fiレンタルを利用するかに分かれるわけですが、前者は設定を間違えると、ものすごく高額な請求がくることがあるので注意が必要です

一方で、海外Wi-Fiレンタルは、海外パケット通信サービスに比べると圧倒的に安いこと必要なときにインターネットが使えること。この2点が最大のメリットだと思います。

もし韓国旅行でスマホ、ネットを使わないというのであれば不要ですが、そうでないなら通信会社の提供する海外パケット定額より、Wi-Fiレンタルを利用することをおすすめします。

スマホの利用者増にともない、韓国旅行に限らず海外旅行をする人の多くがWi-Fiレンタルを利用しています。ところで、Wi-Fiレンタルと一言でいっても、サービス内容や料金は千差万別です。

そこで今回の記事では、韓国旅行で必要なWi-Fiルーターをレンタルできる会社を比較しながら、おすすめのWi-Fiレンタルを紹介したいと思います。

海外Wi-Fiルーターのレンタル方法

まず、Wi-Fiルーターの受け取り方法ですが、空港で受け取るか、もしくは宅配で受け取ることができます。

空港で受け取る場合、日本国内の空港で受け取るところと、海外現地で受け取ることができるところなど、会社によって異なるので注意しましょう。

たとえば、韓国の場合、仁川国際空港、金浦国際空港などで受け取ることができますが、韓国語もしくは英語でのやりとりになります。(まれに日本語ができる職員もいますが)

一方、国内空港で受け取る場合、コミュニケーションの問題は起こらないので、何か手違いがあった際にもすぐに対処しやすいかと思います。ただし、繁忙期だとカウンターが混んでしまい、フライトがバタバタすることもあるので、その点は注意が必要です。

さいごに、自宅で受け取る場合、これが一番楽な方法かもしれませんが、帰国後に宅配で送り返すのが面倒だと思う人もいるかもしれません。

SPONSERD LINK

海外Wi-Fiレンタル会社の比較

今回紹介する韓国旅行者におすすめするWi-Fiレンタルを取り扱っているのは次の4社です。

  • A社(エクスコムグローバル株式会社)
  • B社(エクスモバイル株式会社)
  • C社(株式会社ビジョン)
  • D社(株式会社グローバルモバイル)

そして、比較するポイントですが、ホームページでチェックすべき部分を先に書いておきます。

  • データ料金(1日あたりのレンタル量)
  • 通信容量
  • 付属サービス(保険、手数料など)

データ料金

1日あたりのレンタル料金で、おそらく多くの人がここの部分を重要視していると思います。

ただし、データ料金以外にも、後述する通信容量、付属サービスも一緒に検討してみると、どれが自分にとって一番おすすめのWi-Fiレンタルなのかを知ることができると思います。

通信容量

実は海外Wi-Fiレンタル社は「定額料金でインターネットが使い放題」と宣伝しているのですが、厳密にいうと1日に使えるデータ容量には制限があります。

たとえば、利用者が過大な通信(400-500MB/1日)を行った場合、利用制限が行われたり、追加料金を徴収されることもあるので、この点については各社の利用規約に目を通しておいた方がよさそうです。

とくに注意しないといけないのは、友人と団体旅行でひとつのWi-Fiルーターをレンタルするという場合。もちろん、複数人でネット接続は可能なのですが、データはその分はやくなくなります

たとえば、夜にホテルでYouTubeを見たり、アプリをダウンロードしたりすると、あっという間に容量オーバーになってしまうので、注意しましょう。。

付属サービス

付属サービスはいろいろありますが、たとえば保険、受け取り手数料、付属機器の無料貸与などです。

たとえば、旅行先でレンタルしたWi-Fiルーターを紛失したり、破損した場合、あとで弁償金を支払う義務が発生します。

そのためほとんどのWi-Fiレンタル社は、安心保証という保険に加入することを推奨しています。加入しておくと、弁償代金に対する補償サービスが受けられます。

加入は義務ではありませんが、レンタルセットの弁償代金は、けっこう高額になるということもあるので、心配な方は加入しておいた方がよいと思います。

プラン別データ量・通信料の比較

通常プラン

A社B社C社D社
プラン名LTEプラン4G/LTE4G-LTE 快適プランLTEプラン
通信容量(目安)400MB300MB250MB 400MB
データ料金(税抜き)680円650円670円690円

まずは1日あたりのデータ通信料から確認していきます。携帯会社の国際ローミングがおよそ3000円/1日であることを考えると、Wi-Fiレンタルが安いことがお分かりいただけると思います。

ところで、通信容量(目安)が微妙に異なっています。たとえば、A社は400MBまで使うことができますが、C社になると250MBを目安に利用することになっています。

参考:データ使用量の目安

  • スマホでニュースサイトの閲覧(約0.3MB)
  • 写真添付のメール送信(約1MB)
  • LINEの音声通話(約0.3MB/1分)
  • LINEのビデオ通話(約5MB/1分)
  • 標準画質の動画を視聴(約18MB/1分)
  • 高画質の動画を視聴(約60MB/1分)

見ての通り、youtubeなどで動画を10分みるだけでデータがだいぶとんでいきますが、ウェブサイトの閲覧、LINEでのメッセージのやりとりだけの使用であれば、500MBを超えることはないでしょう。

ただしこれは一人で使用した場合です。海外Wi-Fiレンタルは複数人でも使用できますが、一人がデータを大量に使用すると、他の人が使えなくなるということもありえます。

なので、旅行先で動画を見たり、LINE, Skypeなどの音声通話を利用する場合、大人数で利用するという場合には、下記の大容量プランにしておいた方がいいと思います。

大容量プラン

A社B社C社D社
プラン名LTE+大容量オプションなし4G-LTE 大容量プラン なし
データ量400MB以上なし500MBなし
データ料金(税抜き)1,220円なし970円なし

大容量プランになると、1日あたりのデータ料金は、やや上がります。ただ韓国旅行者向けのプランがあるのはA社とC社でした。

表には書いていませんが、C社の場合、1GB(1000MB)のプランもあるので、データ容量を気にせず韓国でもスマホを使いたいという方は、こちらを選んでみてもいいと思います。

2人で韓国旅行するのであれば、通常プランでも問題ないと思いますが、3人以上になると、大容量プランにするのか、通常ブランで2台レンタルするのか、相談して決めておきましょう。

付属サービスの比較

A社B社C社D社
安心保証200-300円/1日1日レンタル料の10%500-1000円/1日200円/1日
受け取り手数料500円540円500円無料
返却手数料実費(宅配返却)360円(ポスト返却), 1.080円(空港返却)500円無料

オプションは各社によって異なりますが、安心保証、受け取り・返却手数料は4社とも存在します。

補償内容ですが、弁償額の80%から100%免除というサービス内容になり、心配な方は申し込んでおいた方が後々、後悔しなくて済むと思います。

それと、意外と見落とされがちなのが手数料ですが。D社以外の会社は、Wi-Fiレンタルセットの受け取り・返却時に、手数料ないしは宅配送料が別途追加されます。

たとえば、2泊3日の旅行で、通常プラン、安心保証へ加入、宅配での受け取り・返却をしたとすると、以下のような見積もりが出てきました。

  • A社:3,552円(税込)
  • B社:2,685円(税込)+宅配料
  • C社:4,710円(税込)
  • D社:2,670円(税込)

この通り、各社の1日あたりのレンタル料が似たりよったりでも、全体料金はかなり異なってきます。

最後に各社のサービス内容、特徴、長所短所について簡単に紹介していきたいと思います。

A社 グローバルデータ

イモトのWi-Fi

イモトさんが広告塔として起用されていることもあり、「イモトのWi-Fi」という名で知られていますね。

この会社は大手ということもあり、サポート面がしっかりしている点、それとキャンペーンがけっこう豊富なので、常にチェックしておくとお得にレンタルできるかもしれません。

ちなみに、この記事を書いている6月27日現在、大容量オプションの無料キャンペーン中なので、大容量プランを考えている方は、この会社をおすすめします

受け取り方法は国内空港、もしくは宅配で受け取ることができ、事前予約が原則ですが、当日申し込みサービスも存在するようです。(在庫状況によっては当日レンタルできないこともあるので、事前予約をおすすすめします)

それと、他社と比べると、オプションのラインナップが豊富です。たとえば、モバイル充電池や3台までの電化製品を同時に使用できる電源タップなど、旅行に便利なアイテムも一緒にレンタルできます。

データ量も400MB、大容量だと400MB以上使えるようになるので、どちらかというと大人数で一つのWi-Fiルーターをレンタルして使うというのが向いていると思います

▶️グローバルデータのWi-Fiレンタル詳細ページ

B社 エクスモバイル

エクスモバイルWi-Fi

こちらの会社も様々な国でWi-Fiレンタルサービスをしており、空港、宅配で受け取り、返却をすることができます。

4社の中でも比較的コストがかからず、短期旅行であればこちらの会社で問題ないと思います。

この会社の特徴としては、スマホ、タブレットもレンタルできるという点です。ただし、音声通話、SNSは使用できないようですが、例えば、Wi-Fiルーターを使い、IPadでネット検索をしたり、グーグル地図を開くなどといった使い方ができそうです。

難点としては、空港返却手数料がやや高い点。宅配で返却すれば他社とあまり変わらない手数料ですが、やや面倒かなと思いました。

また1日300MBが使用目安なので、大人数での利用にはあまり向かないかもしれません。一人旅行や、1泊2日のプチ旅行であれば、ここのWi-Fiレンタルがオススメです。

➡️エクスモバイルのWi-Fiレンタル詳細ページ

C社 グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fi

まず、250MB, 500MB, 1GBと、通信プランが豊富なので、ひとり旅、団体旅行と用途に応じてプランを選択することができます。

また、他社の場合、空港での受け取りサービスが成田や羽田、関空など大きな空港でしかできないのに対し、こちらの会社では地方の空港でも受け取りができるほか、韓国現地でも受け取り、返却ができます

ソウル、釜山の空港のほか、明洞オフィス、ソウル駅でも返却ができ、受け取り時には韓国内のホテルへの宅配サービスもあるみたいです。

あとオプションを見てみると、IPadのレンタルサービスのほか、「ホテルdeWi-Fi」という、ホテルの有線LANを接続し、ホテルでWi-Fiを使えるようにする機器もレンタルできます。Wi-Fiのないホテル内でも安心してスマホが使えますね。

ただサービスが充実している分、手数料が他社に比べると高めです。こちらのWi-Fiレンタルはひとり旅ではなく、大容量プランを2、3人で利用するという感じで使うのがいいかなと思います。

➡️グローバルWi-Fiのレンタル詳細ページ

D社 韓国DATA

韓国Wi-Fiレンタル

サービス名からもわかるように、この会社は韓国旅行者向けのWi-Fiルータを用意しています。そして、どこよりも安い価格でレンタルしたいというのであれば、間違いなくこの会社をオススメします。

なぜこの会社が他社に比べ低コストになるのかというと、一つは海外使用のため消費税が課税されないから、そしてもうひとつ手数料が無料というのが大きいと思います。

レンタル機器の往復宅配が無料ってかなり大きいですよね。

あと、大容量プランの代わりに、長期滞在者向けのマンスリープランが用意されています。

  • デイリープラン:670円/1日 400MBまで
  • マンスリープラン:15,000円/1ヶ月 12GBまで

オプションで特筆すべき部分は、韓国現地の携帯レンタルサービスです。これは携帯で電話もメールもでき、1日150円でレンタルできます。韓国の友人に国際電話をかける必要がないので、便利ですよね。

ひとり旅でのコストパフォーマンスが他社に比べると勝っていると思うので、ひとり旅ならここのWi-Fiレンタル会社を選んでおけばまず問題ないと思います。

➡️韓国DATAのWi-Fiレンタルサービスの詳細ページ

まとめると

  • ひとり旅なら・・・・B社、D社
  • 団体旅行なら・・・・A社、C社

こんな感じになると思います。

あとはデータをどのくらい使うのかによって変わってくると思います。普段からスマホで動画を見ているという方は旅行中はとくに気をつけましょう。

韓国旅行でWi-Fiレンタルサービスを利用する際には参考にしてみてください。

SPONSERD LINK

無料E-Book|韓国留学応援ガイドブック

このE-Bookは、韓国の留学に関してよく質問されることや多くの人が持っている悩みや不安を少しでも解消するために 作成しました。
  • どんな留学スタイルがあるのか。
  • 何から準備すればいいのか。
  • どこの留学会社がいいのか。
あなたもこのような悩みを抱えていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA