韓国での留学に必要なもの|持ち物リスト16選

韓国への留学が決まったら、何を持っているのか考えないといけませんよね。帰国する時には、荷物が倍増することを考えると、なるべく必要なものは最小限にしておきたいと思うはず。

ここでよくやってしまうのが、結局、必要なかったもの、あるいは、韓国でも買えるものを大量に荷物に詰め込んでしまうこと。私も大きなキャリアバックを買って、家から空港までの移動に苦労した記憶があります。

そこで、今回は、韓国での留学で必要なものといらないものに分けて持ち物リストを紹介したいと思います。

基本的な持ち物リスト

1. パスポート

当たり前すぎてあれですが、出発日の前日までに探しておくようにしましょう。外国にいくことがあまりないと、どこに保管したのか忘れている可能性もあるので、事前に要チェックですね。

2. E-チケット(航空券)

パスポートとE-チケットがあれば、とりあえず韓国に渡航することができます。プリンターしておくか、スマホのキャプチャー写真を見せるだけでも乗れるみたいです。

あとビザをもらった方は、入国審査の際にはビザがある旨を伝えておかないと、ノービザ入国になってしまうかもしれないので注意しましょう。

3. 現金とクレジットカード

大量の現金を持ち運ぶのが嫌だという方は、国際キャッシュカードで韓国のATMからお金を随時、下ろすという方法があります。

これが意外に便利で、手数料も銀行や空港で両替するよりも断然お得だったりします。

韓国はカード社会なので、おそらくクレジットカードが使えないという店はないと思いますし、現金がなくて困ったときは、カードですね。ただし、使い過ぎには注意が必要。

あとせっかくなのでマイレージを貯めることができるカードにしましょう。JAL, ANAなど、マイレージ提携カードがありますが、私はANAのVISAカードを使ってためています。

1ポイント=3マイルですが、学生専用カードであれば年会費が無料で作れるので、まだ1枚も持っていないという方は、留学する前に1枚持っておきましょう。

➡️年会費ゼロ。学生専用Visaカードを詳しく見る

ちなみに両替するなら、銀行ではなく、明洞にある公認両替所をオススメします。特に明洞北側エリアにある両替所は手数料が安いので、けっこうお得に両替することができます。

4. ノートと筆記用具、教科書

これは韓国の文房具屋でも購入することができますが、シャーペンとボールペンはやはり日本製が使いやすいと思います。てか、こっちでも日本のペンやボールペンは人気があります。

韓国で買うより日本で買った方が安いと思うので、事前に用意しておくことをおすすめします。

また自習用の教科書もけっこう使えます。というのも、こっちの授業では全て韓国語の説明になるのですが、やはり初級者にとっては、日本語説明付きの文法本があれば便利。

私も留学時代にこの文法本を使って試験勉強をしたり、辞書代わりに使っていました。

5. パソコン

必ずしも必要というわけではないと思いますし、部屋にWi-Fiがあればスマホでネットを見ることができます。ただワーホリとか長期留学って人は、持って行った方が絶対いいですよ。

授業の課題でレポートを書いたり、プレゼンの準備をしたりする際には、やっぱりパソコンの方が便利です。大学図書館のパソコンも使えますが、韓国語仕様で分かりづらいですし、けっこう混んでて落ち着いて使えないと思います。

あと、ブログ書いている人はブログの更新もできますね^^

最近は、持ち運びに便利なサイズのパソコンも売っているので、この機会に買っておくと何かと便利だと思います。ちなみに私は、MacBook Proを使っていますが、軽いAirの方に買い替えるか検討中です::

あと、台湾のASUSというメーカ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ソウル大学の語学堂に通ってみた感想と雰囲気について

  2. 1週間からでもOK!韓国の短期留学の魅力とは

  3. ここはオススメ!日韓大好きが集まる日韓交流サイトの紹介

  4. 一人暮らし必見!大学院の学費を簡単に捻出する2つの方法

  5. 韓国への語学留学を考えている方へ|失敗談から学む留学成功の鍵

  6. 紙からアプリまで|韓国語の勉強に使える辞書シリーズ

  7. 【改編】韓国語能力試験(TOPIKⅠⅡ)の勉強法とテキストの紹介

  8. 韓国の語学堂はどこがオススメ?私が通った韓国外国語大学を紹介