やっぱり安い!韓国の結婚式でかかった費用についてまとめました

韓国の結婚式費用

前回記事に引き続き今回も韓国の結婚式について紹介します。

韓国の結婚式で気になる点がずばり「費用」ではないでしょうか?実際に韓国の結婚式ってどのくらいの費用がかかるのか。できれば安く収めたいですよね。

結婚式の準備をしながら、私たちもなるべく低予算で大丈夫なところを探していたのですが、今回は私たちがお世話になった結婚式場を例に紹介していきます。

まずは結婚プランナーと相談

contract-408216_640

別記事でも書きましたが、私が結婚移民ビザを受け取ったのは、去年の12月。ビザを受け取って入国した翌日に相談をしにいきました。

【保存版】韓国で国際結婚の申請とF-6査証に関するまとめ

2015.02.24

ビザをもらったらすぐに相談をしにいくと予め決めていたので、日本滞在中もネイバーブログや、友人に聞いたりして情報を収集していました。

私たちの条件としては

  • 2月中にできるところ
  • 食事代が3万〜3万5千ウォン
  • とにかく安くできるところ

実は妻のお兄さんが2月になると海外に行ってしまい、しばらく戻ってくる予定がなかったので、この義理の兄夫婦が外国に行く前に式を挙げてほしいという要望がありました。

そのため結婚準備期間はわずか2ヶ月。この話をすると周りから「よくそんな短期間でできたね」と言われますが、やろうと思えばなんとかなるのが韓国スタイルです(笑)

それと、予算の限られた2人にとって一番重要なのはとにかく安いところ。かつ立地条件も食事もよければ尚良し。

逆に言えば、この条件さえ満たせれば、後はどうでもいいという、、夢もロマンもない式場探しでしたね。(笑)

いくつか電話したりして最終的に落ち着いたのが、퀸즈오스티엘 (Queens Ostiel)という結婚式場でした。

結婚式場についてはこちらの記事でご覧になれます。

韓国の結婚式場はこんな感じ。わずか30分で終わるのってどうよ

2015.03.03

ここにお世話になった一番の理由は、1、2月はプロモーション期間中で式場使用料がなんと無料!また食事代も3万ウォンと安くなっていました。

早速電話して予約を済ませ、相談を受けてきたのですが、時期が時期だったせいか、かなりサービスをしてもらえました。

SPONSERD LINK

結婚式場でサービスしてもらった費用項目

  1. 結婚式場使用料(式場の装飾、控え室等) 80万ウォン(約8万円)ーー>無料
  2. 式場の食事 大人3万ウォン(約3千円)ーー>2万9千ウォン(お酒、飲み物込み)
  3. バイオリン三重奏 20万ウォン(約2万円)ーー>無料
  4. ウェディングブーケ 10万ウォン(約1万円)ーー>無料
  5. フォトテーブル 10万ウォン(約1万円)ーー>無料
  6. 新郎・新婦の母親のメイクアップ 20万ウォン(約2万円)ーー>無料

ご覧の通り、日本円で16万円ほど無料になりました。また韓国の結婚式で一番かかる費用が食事代なので、たった千ウォン(100円)の割引でもおお助かりです。

実際に結婚式でかかった費用項目

  1. 式場の食事・・186名 合計539万4千ウォン
  2. 契約金・・50万ウォン
  3. ウェディングパッケージ・・150万ウォン(式の写真撮影、アルバム、ドレス・タキシードレンタル料、新郎新婦のメイクアップ)
  4. 介添料・・15万ウォン
  5. 義理の兄と姉のメイクアップ・・2万、10万ウォン
  6. 聖職者への謝礼・・30万ウォン
  7. 招待状の印刷代・・66300ウォン
  8. 式次第の印刷代・・47600ウォン

韓国の結婚式で一番費用がかかるのはやっぱり食費です。基本どこもバイキングなのですが、式場によって値段はまちまちです。

この他には両親の飛行機代とホテル宿泊代、結婚指輪、来場者へのお土産、結婚式当日に着るスーツ代などがかかっています。

これらを含めてかかった費用は、およそ1600万ウォン、日本円で160万円ほどでした。

当日、支払うのは食費と介添料、謝礼です。全てご祝儀でまかないましたが、黒字でした。

韓国のご祝儀の相場っていくら?

韓国結婚式の費用

少し前ですと、一人3万ウォンで、親友や親戚であれば、10万ウォンが相場でした。

ただ最近は5万ウォン(約5000円)が多いですね。ベストフレンドだと、20万ウォンとか30万ウォンだそうです。

たぶん結婚式場の食事代が3万5千から4万ウォン〜になってきた影響があるのかもしれませんね。3万ウォンだと赤字になりますから・・

ただ日本の結婚式と比べると、やはり韓国の結婚式のご祝儀は安いので負担感がないのがいいですね。

あと日本の場合はよく分からないのですが、韓国ではご祝儀を受け付けではなく、新郎新婦に直接手渡しするというケースがあります。

これは特に親しい友人が「新婚生活や新婚旅行でつかってね」という意味が込められているそうです。(銀行口座で振り込むというケースもあります)

というのも基本的に韓国の結婚式の予算は親が出していることがほとんどなので、ご祝儀は両親に渡すものだからです。

ちなみに日本からきた友人や親戚からいただいたご祝儀はすべて円でした。そして日本と同じ相場で用意してくださったので、額がかなり大きかったです。妻もおどろいていました(笑)

両親の接待は少しリッチなロッテホテルで

ソウル夜景

今回、うちの両親ははじめて韓国にくるということだったので、どこのホテルにしようか悩んでいました。

とりあえず結婚式場から近く、日本人宿泊客でおなじみのロッテホテルにすることにしました。少し費用がかかると思い少し躊躇したのですが、、

ここで妻の人脈が生きてきます。本当に韓国の人脈社会はすごいなぁと実感した瞬間した

妻の親戚の友人の中にロッテホテルの支配人の方がおられ、「国賓級の接待をしてあげるよ」との言葉を頂戴し、至れり尽くせりのサービスでした。

私もロッテホテルは初めてでしたが、スイートルームに格安で泊まることができました。

ロッテホテル ロッテホテル2

結婚式前日の夜は両家の家族と一緒にホテルの高級レストランで食事をし、当日の朝はモーニングサービスをつけてもらい、夜にホテルに戻ってくると高そうなシャンパンを支配人が運んできてくれました。

次の日の朝食もホテルのバイキングをただでごちそうになり、両親も大満足。

会計は、夜の食事代と宿泊代だけでした。

親戚ではなく親戚の友人というだけでこれだけもてなしてくれるのが、やはり「情の国」韓国というところでしょうか。たぶん二度とこういう経験はないと思います(笑)

➡️ロッテホテルを詳しくみる

おわりに

今回の私の結婚式はあくまで一例ですが、日本で行う場合に比べると比較的安い費用で行うことができると思います。

もちろん韓国でも高級ホテルで式を挙げれば、400、500万円ほどかかりますし、国立中央図書館や国会議事堂内、サムスン電子本社(サムスンマン専用)など、色々な式場があります。

少人数で式を挙げたいのであれば、ハウスウェディングやレストランウェディングという選択肢もありますが、韓国での式はほんと何人くるのか予想がつきません^^;

SPONSERD LINK
韓国の結婚式費用

無料E-Book|韓国留学応援ガイドブック

このE-Bookは、韓国の留学に関してよく質問されることや多くの人が持っている悩みや不安を少しでも解消するために 作成しました。
  • どんな留学スタイルがあるのか。
  • 何から準備すればいいのか。
  • どこの留学会社がいいのか。
あなたもこのような悩みを抱えていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA