【決定版】初めての韓国での語学留学に関するまとめ〜出国前から出国後まで

以前の記事にも書きましたが、私は2008年に韓国で短期留学をして以来、ほぼ1年に一度のペースで語学留学をしてきました。

当時はなんとなく外界での刺激を求め、欧米への留学に比べると、学費も安い韓国での語学留学にどっぷり浸かっていたのですが、私のようなリピーターが多いのも韓国語学留学の特徴なのかもしれません。

留学の目的は人それぞれですが、どうせ留学するならそれなりの成果を得て日本に帰りたいもの。ただの「遊び」であれば旅行でも十分なわけで、せっかく「留学」するのであれば「あの時、留学にいってよかった」と思えるようにしたいですよね。

そこで韓国での語学留学を検討している人のために、留学生視点で必要な内容を整理し、公開することにしました。

これから渡韓しようと思っている方、将来的に語学留学を検討している方、現在進行形で留学準備している方を含め、参考にしていただけると嬉しいです。

目次

留学のための情報収集(渡航1年以上前)

留学の流れ

韓国での語学留学は1週間からの短期コースと、1学期3ヶ月からなる長期コースという大きく2つに分かれています。

開講時期はどこも似たり寄ったりですが、微妙に違っていたりするので学校のホームページを参照にしながら調べておきましょう。

下の記事で韓国で留学するまでの簡単な流れを整理しているので、参考にしてみてください。

韓国の短期留学まとめ|留学手続きから費用まで
たった2−3週間の短期留学でも慣れないうちは準備がけっこう大変だと思います。そこで、今回の記事では、今まさに短期コースでの語学留学を考えているあなたのために、どのような準備をすればいいのか、私自身の経験も踏まえて書いてみたいと思います。

留学予算・地域・学費など

私が語学留学していた頃に比べると、学費は年々、値上がりしているようです。(久しぶりに学校のホームページに入ってみて驚きました)

基本的に物価の高いソウル市内の語学堂は学費が高く、地方にいけば安くなります。授業の質=学費というわけではありませんが、やはり歴史と実績のある語学堂はソウルに集中しているので、初めての韓国留学ではソウルにある語学堂を個人的にはオススメします。

おおよそ学費がどのくらいかかるのか、ソウルと地方にある語学堂をまとめてみた下記記事も参考にしてみてください。

【2017年度】韓国での留学|地域別 語学堂の学費比較表 | 韓ビズ
韓国で語学留学を検討している方のためにソウル市内にある語学堂や釜山、京畿道など地方にある語学堂の日程、学費についてまとめています。

スポンサーリンク

留学前の事前準備(渡航6〜1ヶ月前)

語学堂について

韓国では外国人を対象とした大学付属の韓国語学習施設のことを語学堂(어학당)と呼びます。民間学校の場合、語学学校、もしくは語学院(어학원)と読んだりします。

語学堂の多くはソウルに集中していますが、最近では地方の大学も語学堂を設立するなど、韓国語学習に力を入れています。

それぞれの語学堂の特徴や感想などについては下の記事を参考にしてみてください。

語学堂の選び方について

韓国へ留学する前によく考えよう|語学堂選びに失敗しない方法
韓国に留学すると決めた後、一番悩むのが語学堂選びではないでしょうか?もし語学堂選びで悩んでいるのであれば、下に書いた物差しが少しは役に立つかもしれません。

韓国外国語大学の語学堂について

韓国の語学堂はどこがオススメ?私が通った韓国外国語大学を紹介
韓国へ語学留学する際で一番の悩みが「どこの語学堂」に通うのかですよね。韓国ソウルだけでも本当に色々な語学堂が存在するわけですが、一体どこの語学堂がおすすめなのか。どうやって語学堂を決めたらいいのか。

ソウル大学語学堂について

韓国での進学・就職ならソウル大学の語学堂がおすすめ
韓国の大学(院)に進学するという方や、就職を考えているという方はソウル大の語学堂で勉強するのがいいかもしれませんが、勉強以外にもプライベートを充実させたいという方にはオススメできません。

留学説明会・カウンセリングについて

留学に関する情報収集をしながら、不明な点や気になる点などがでてくると思います。そんな時は、留学説明会や留学カウンセリングを受けにいくことをオススメします。

今の時代、ネットで様々な情報を集めることができるので、中には「カウンセリングいらなくね」と考える人もいると思いますが、ネットで出回ってる情報は、古かったり、信ぴょう性が薄い情報も少なからず存在します。

留学カウンセリングを受ける前のポイントについて興味のある方は下の記事もチェックしておいてください。

韓国留学エージェント選びで意識したい3つのポイント
韓国語の語学堂で留学する場合、留学エージェントを介して入学手続きする人が多いと思いますが、私個人の留学経験に基づいてエージェント選びのポイントについて紹介します。

ビザの申請について

韓国で90日以上滞在する場合、必ずビザを申請する必要があります。3週間の短期コースや1学期のみ通うという場合にはビザの申請はいりません。

ビザの種類はたくさんありますが、韓国で語学留学する場合、D-4ビザ(一般研修ビザ)、もしくはH-1ビザ(ワーキングホリデービザ)を申請する必要があります。

ビザ申請を代行してくれる語学堂やエージェントもありますが、それほど複雑ではないので自分一人でも十分にできると思います。

下記、記事でまとめていますので参考にしてみてください。

D-4ビザを申請する方法
韓国の語学堂で短期留学|D-4ビザを一人で申請する方法
90日以内の短期留学であればノービザでも語学堂で勉強できますが、滞在期間を延長したり、2学期続けて留学する場合には、D-4ビザが必要になります。
ノービザから現地でD-4ビザに切り替える方法
【補足】韓国へ渡航後、観光ビザからD-4ビザに変更する場合
前回記事でD-4ビザの申請についてまとめてみたのですが、今回はその続編として韓国現地で観光ビザ(ノービザ)からD-4ビザに変更する手順について書いておこうと思います。
ワーキングホリデービザの申請方法
韓国のワーホリビザ申請方法と活動計画書の書き方
今回は、韓国でのワーホリを準備しているという方向けに、韓国のワーホリビザ(H-1)の申請方法と活動計画書の書き方についてまとめてみました。

電子辞書

留学のお供といえば電子辞書。ところが、最近の留学生はスマホのアプリを使う人が増えましたね。

個人的には簡単に調べたい時にはスマホ、宿題やレポートの作成には電子辞書というように使い分けていました。

さすがに辞書なしだと学校生活が大変だと思うので、渡航前に準備しておきましょう。

紙からアプリまで|韓国語の勉強に使える辞書シリーズ
韓国に留学する前に用意しておきたい韓国語辞書ですが、紙の辞書からスマホアプリまで韓国語の勉強に役立つ辞書を紹介します。

留学で必要な持ち物

留学で必要になるもの、個人的に持っていった方がいいものをまとめています。

韓国留学に必要なもの|持ち物リスト16選
韓国への留学で必要なもの、持ち物リストを紹介します。留学中はけっこう荷物がかさばるので、なるべく荷物は減らしていくことをオススメします。

留学生活

韓国語の勉強

留学生活がスタートすれば、平日の午前もしくは午後は語学堂でひたすら韓国語の勉強です。2学期以上通う方は、期末試験に合格しないと進級できないので、日々の予習・復習は大事です。

あと、もし1年(4学期)留学するのでれば、ぜひTOPIK(韓国語能力試験)に挑戦してみることをオススメします。

のちに韓国でアルバイトや仕事をするという時に少しは役に立ちますし、韓国留学の成果を残すという意味でも取っておきたい資格ではないでしょうか。

TOPIKの勉強法について

【改編】韓国語能力試験(TOPIKⅠⅡ)の勉強法とテキストの紹介
2014年下半期から、韓国語能力試験(TOPIK)の試験要項が大幅に改編されました。特にTOPIKⅡを準備している方を念頭に、変更点や勉強法について紹介したいと思います。
TOPIKⅡの勉強法で大事なのはやっぱり作文対策(書取り)
今回の記事では、TOPIKの6級の合格ラインである230点を取るための勉強法、私なりの戦略について書いてみます。その中でも大切なのは作文対策です。

アルバイト

ワーホリ渡航の場合、学校に通う必要がないので、アルバイト探しは比較的簡単にできますが、D-4ビザの場合ですと、限られた時間でしかアルバイトができません。

アルバイトの探し方は、語学堂の掲示板、他の日本人からの紹介、ネット上の求人情報など、いろいろありますが、共通していえることは時給の安さ・・・

昔、朝9時から夜7時までフルバイトをしていましたが、時給はなんと5,500ウォン。。現在の最低賃金は6000ウォン台になりましたが、それでも日本と比べるとどうしても割に合わないと感じてしまいます。

したがって、アルバイトの収入を前提にした留学渡航計画はやめておいた方がいいです。金欠で泣く泣く帰国を余儀なくされかねませんから。

韓国の交通事情

日本に比べると、地下鉄やバスの料金はとても安いです。

はじめの頃は地下鉄に乗って移動することが多いと思いますが、慣れてきたらバスにも乗って移動してみましょう。目的地によっては地下鉄より早く移動できることもあります。

また語学堂から離れたところに住んでいて、かつ地下鉄での通学という場合には、定期券の購入をオススメします。韓国人にもあまり知られていない定期券の存在なのですが、けっこう交通費を節約することができますよ!

韓国で地下鉄の定期券を活用し交通費を節約する方法
日本に比べると韓国の交通費はものすごく安いのですが、さらにお得に乗る方法が今回紹介するソウル地下鉄定期券です。もし、韓国で通勤通学に地下鉄を利用しているという方は一度チェックしてみてください。

留学後のキャリア

留学から帰国すると、また韓国に行きたくなる。元留学生であればそんな経験がありませんか。逆に長くいすぎると、日本に帰りたくなるのですが、、

ともあれ私のように旅行やワーホリなどを経て、そのまま移住してしまったという方もいると思います。そうじゃなくても、韓国語を活かした仕事に就きたいと考える人も多いのではないでしょうか。

もし日本ではなく韓国で仕事がしたいというのであれば、日本語教師を目指すという方法もありますが、韓国の一般企業での就職となると、ハードルがものすごく高くなります。

そこら辺りの事情については下の記事でも触れています。

韓国での就職・仕事は日本語教師から始めるべき理由
私がゼロから今の日本語教師の職にたどり着くまでの経緯を、簡単に紹介させていただきます。韓国でこれから日本語教師を目指しているという方はぜひ参考にしてみてください。

留学後、どうなるのかはその人しだいです。ふつうに語学堂に通えば韓国語は上達しますし、友人・知人の輪も広がっていくでしょう。

最後に、私個人の感想を書かせてもらいますと、韓国の語学留学での一番の収穫は、自分の道は自分で選ぶことができるようになったという何ら変哲もないことです。

留学以前の私は典型的な優柔不断な人間で、学校選びから家探しまで何か決めるということに対し躊躇していました。「失敗したくない」という思いが強かったからだと思います。

海外で働くことも以前の私であればできなかった決断かもしれません。なんとなく海外で働きたいなと思ったことはありますが、いざそれを実行するとなると、解決しなければならない問題の方にばかり目がいってしまいます。

こうした問題やリスクを乗り越えて自分がどれだけ成長できるのか。今、私はこの点をフォーカスしています。

何はともあれまずはしっかりと情報を集め、準備することが大切です。今後も随時、内容を追記していきます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 留学3.0|これからの海外留学の目的とキャリア形成について

  2. 【保存版】韓国で国際結婚の申請とF-6査証に関するまとめ

  3. 留学エージェント選びで意識したい3つのポイント

  4. 韓国で国際結婚の手続き|結婚移民(F-6)ビザを申請するために必要な書…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。