【保存版】韓国で国際結婚の申請とF-6査証に関するまとめ

私は昨年12月に韓国で国際結婚の手続きを行い、大阪の韓国領事館で配偶者ビザ(結婚移民ビザ)の申請、そして無事にF-6査証を受け取ることができました。

ところで、2014年4月に韓国人との国際結婚に必要なF-6査証に関する法律が改正?され、以前よりビザ発給条件が厳しくなりました。

実際に私たち夫婦もF-6査証の申請のために多大なストレスを受け、一体何度けんかしたことやら・・まぁ、今となってはあの時の苦労があってこそ今の生活があるわけですが、、

今回の記事では韓国で国際結婚をするために必要な手続きとビザの申請方法について、私の事例をもとに紹介したいと思います。

これから韓国で国際結婚の準備をされるという方や、韓国で婚姻の手続きが必要という方は、ぜひご一読ください!

F-6査証(結婚移民ビザ)とは

F-6査証とは、韓国人と国際結婚した外国人が韓国に居住する際に申請するビザになります。

似たようなビザとして居住(F-2)ビザがありますが、こちらのビザは国際結婚や就労など関係なく韓国に居住することが許されるビザなので今回紹介するF-6査証とは別物です。

※居住ビザについては「韓国をゆく~ソウル在住のOL韓国生活~」さんのこちらの記事がすごく参考になります。

それでは国際結婚の準備に必要な手続きにの流れについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

F-6査証申請までの流れ

結婚移民ビザを受け取るまでの手続きは、大きく以下の6つのステップに分かれます。

参考までに、私がビザ申請の準備を始めたのは10月になってからで、書類を揃えて領事館で結婚移民ビザの申請をするまで、約2ヶ月の期間を要しました。

ちなみに今回紹介するケースは韓国滞在中に国際結婚でビザの申請手続きする場合になります

以下がその流れです。

1.戸籍謄本の取得

まずこれなしに国際結婚の手続きを始めることができません。まずは日本の役所で戸籍謄本を発行してもらう必要があります。(在韓日本大使館では発行してもらえません)

役所によっては郵送で送ってくれるところもありますが、一番手っ取り早いのは実家にお願いして送ってもらうという方法です。

できれば3通くらいもらっておくと後々、必要になるので重宝します。

(10月初旬に父親に連絡して戸籍謄本を送ってもらいました。)

2.婚姻要件具備証明書

何やら聞き慣れない名前の書類ですが、簡単に言えば「この人は独身ですよ」ということを国が証明してくれる公的文書です。

これは日本大使館領事部でその日に発行してもらえます。ただし結婚相手の韓国人と一緒にいく必要があるので、時間を調整して二人で訪問しましょう。

場所

地下鉄の場合、3号線景福宮駅や5号線光化門駅。バスだと景福宮前の停留場が最寄りになります。目印は「利馬」と書かれたビルで、建物の7階にあります。

※お昼時間は閉まっているので、なるべく午前中にいくことをおススメします。

2015/7/7:追記

日本大使館本館及び領事部は7月21日(火)より新事務所に移転します。

〒110-150 ソウル特別市鍾路区栗谷路6 ツインツリータワーA棟 領事部は8階

詳細は、こちらの在韓日本国大使館ホームページをご覧下さい

必要書類
  1. 戸籍謄本1通(3ヶ月以内に取得したもの)
  2. パスポート
  3. 韓国人の身分証明書(住民登録証など)
  4. 韓国人の婚姻関係証明書(住民センターなどで事前に受け取っておきます)
  5. 手数料15,000ウォン(現金払い)

申請書は領事館においてあります。それから書類を提出すれば、何やらはんこを押してくれ、めでたく婚姻要件具備証明書なるものが発行されます。

ちなみに、私たちは婚姻関係証明書を忘れるという失態を演じてしまいましたが、幸い最寄りの鐘路区役所で発行してもらえたので、わざわざ自分の居住区域の区役所や住民センターまで戻ることは避けられました。

(10月最後の週に行って手続きをしてきました。)

3.韓国で婚姻届の提出

婚姻要件具備証明書を受け取ったら、その足で婚姻届を出しにいきます。ちなみに婚姻届はいずれの区役所でも受け付けてもらえます。

一番手っ取り早いのは領事部から歩いてすぐの鐘路区役所です。ここで手続きをすればいいのですが、一つだけやっておかないといけないのが、先ほど領事部で受け取った姻要件具備証明書の韓国語翻訳です。

わたしたちの場合、お昼ご飯を食べた後、持って来たノートパソコンをひらいてその場で翻訳し、近くの「アルファ文房具」でプリントアウトしました。

最寄りの区役所

日本大使館領事部の建物を出て南下します。少し古めの建物が鐘路区役所(종로구청)です。

必要書類
  1. 婚姻申告書(窓口に置いてあります。)
  2. 日本人のパスポート
  3. 外国人登録証(該当者のみ)
  4. 韓国人の婚姻関係証明書(鐘路区役所でも発行可)
  5. 婚姻要件具備証明書・・領事部で受け取った原本1通とその韓国語翻訳(訳者のサインもお忘れなく)

手続きを終えたら、韓国での婚姻は成立しました。1週間後に役所で婚姻関係証明書を発行すれば、新たに日本人配偶者の名前が載っているはずです。これで晴れて韓国での国際結婚の手続きは完了です。

(私たちは日本領事部で具備証明書を受け取った日に婚姻届けを済ませてきました。)

4.日本に婚姻届を出す

韓国で国際結婚が成立していても、日本に婚姻届けを提出しない限り、日本では独身のままです。ですので、新しい婚姻関係証明書が出来上がったら、すぐに日本に婚姻届けを提出するようにしましょう。(正確には婚姻事実の報告になります)

提出方法としては大きく2つの方法があります。

方法1:日本大使館領事部に提出する。

たぶん多くの方がこの方法でやっていると思います。領事部で必要書類の書かれた紙をもらえると思いますが、一応以下のような書類が必要です。

  1. 婚姻届け(2通)
  2. 婚姻関係証明書とその日本語翻訳(各2通ずつ)
  3. 家族関係証明書とその日本語翻訳(各2通ずつ)
  4. 戸籍謄本(2通)
  5. パスポートと印鑑

ただしすごく時間がかかるというのが難点です。職員の方に聞いてみると、だいたい1ヶ月くらい時間を要するとのことでした

※わたしは、戸籍謄本が2通必要であることを知らず1通しかもっていなかったので、大使館領事部に提出する場合には3通ほど戸籍謄本を用意しておくようにしましょう。

⚠新本籍地を現在の本籍地と異なる地域にする場合、提出書類は各3通必要になるとのことです

方法2:日本の役所に郵送する。

再び戸籍謄本を送ってもらうのは面倒だし金もかかる、またなるべく早めに終わらせたかったという事情もあり、私たちは大使館領事部ではなく日本の役所に直接、郵送するという方法をとりました。

結果的にこちらの方法がはやかったです。EMSで送ってから10日ほどで受理されました。

ちなみに婚姻成立日(結婚記念日)は、韓国の役所で婚姻届けが受理された日で統一されます。韓国では婚姻関係は成立しているので、日本側には「韓国で結婚しましたよ」という報告になるからですね。

ただ役所によって提出書類が異なったりすることもあるそうなので、ご自身の本籍地のある役所に事前に電話で問い合わせた方がいいと思います。

参考までに私が役所に郵送したものは以下の通りです。

  1. 婚姻届け(A3で出力したもの)
  2. 婚姻関係証明書とその日本語翻訳(各1通)
  3. 家族関係証明書とその日本語翻訳(各1通)

翻訳者は本人を含め誰でも可ですが、必ず文書の最後に翻訳者の名前とサイン、もしくは押印しておきましょう。

日本の婚姻届の様式はネット上でダウンロードしました。(こちらのを使わせていただきました。)

署名押印と枠外の届出印の二カ所に必ず押印することをお忘れなく!韓国人配偶者の箇所はサインで大丈夫です。それと韓国人の本籍地は「大韓民国」と記入するとのこと。

あと証人欄の記入は不要です。すでに韓国で婚姻関係が成立し、日本側にはあくまで婚姻の報告になるからですね^^

そして、その他の欄に「平成◯◯年◯月◯日 韓国の方式により婚姻成立、ソウル特別市◯◯区長作成の婚姻証書添付。」と書けば完成です。

⚠プリントアウトする際には、必ずA3で出力しなければなりません。A4とか他のサイズだと受理してもらえないのでご注意を。

⚠直接、役所に郵送する方法以外にも実家に送って両親に代理提出するという方法もあります。(役所に電話で問い合わせた時も、初めはこの方法を勧められました。)

⚠本籍地と異なる役所の場合、戸籍謄本が必要であったり、時間がかかったりします。必ず事前に該当する役所に電話等で確認しておくようにしましょう。

(11月2週頃にEMSで日本に郵送)

5.日本の韓国大使館、領事館でF-6査証の申請

ここまでの手順を経て、ようやくビザを申請できます。一言でいえば、新しい日本の戸籍謄本を得るために今まで面倒くさい手順があったと言えます。

詳しくは以下の記事で整理してみたので参考にしてみてください。

韓国で国際結婚の手続き|結婚移民(F-6)ビザを申請するために必要な書類
今回の記事では韓国で国際結婚の手続きを準備されるという方を対象に、結婚移民ビザ申請に必要な書類について私の事例をもとに紹介していきます。

私の場合、まず役所で新しい戸籍謄本を発行してもらい、その翌日に大阪にある韓国領事館で申請をしてきました。

(12月中旬に帰国しビザ申請。12月22日晴れてビザをゲットし、翌日韓国に戻る。)

6.外国人登録証の申請

火曜日に申請し、受け取り日は翌週の月曜日。本当にどきどきしながらビザの発給を待っていました(汗)

提出書類に怪しい点があれば、調査員による家宅捜査があったり、職場や実家に電話がいったりと怖い噂もきいていたのですが、何事もおこりませんでした。

ただ忘れてはいけないのは、この時点では入国後、3ヶ月しか有効期間がないということ。外国人登録証の発行をもって、1年の滞在資格が与えられることになります。(その後、順次延長)

外国人登録証の申請に関してはこちらの記事を参考にしてください。

韓国で結婚移民(F-6)ビザ発給後、外国人登録証の申請と延長方法
今回の記事では結婚移民(F-6)ビザを受け取って韓国に入国後、外国人登録証の作成についてまとめておきたいと思います。ビザ発給に比べると、ぜんぜん楽なので早めにつくっておきましょう。

(2015年1月になって外国人登録証の申請。3週間後に受け取りました。)

おわりに

以上が韓国で国際結婚をする際に必要となる手続きになります。

たしかに、ビザの発給基準が厳しくなり、提出する書類が以前に比べると増えたようですが、韓国語能力と所得要件、そして(所謂、業者の斡旋ではなく)自然恋愛なのかという3点さえクリアしていれば、問題なくビザはもらえるというのが私の感想です。

振り返れば本当に胃の痛くなる2ヶ月でしたが、、領事館でビザを無事に受け取った時は、本当に感動ものです(笑)

これから韓国人との国際結婚の準備を始めるという方は、なるべく早めに書類を準備し、パートナーとしっかり話し合うようにしましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 【決定版】初めての韓国での語学留学に関するまとめ〜出国前から出国後まで…

  2. 留学3.0|これからの海外留学の目的とキャリア形成について

  3. 韓国の語学堂で短期留学|D-4ビザを一人で申請する方法

  4. 在韓日本大使館領事部で警察証明書を申請する方法

  5. 【まとめ】韓国のビザの種類と申請方法|観光・留学・結婚ビザ

  6. 韓国で国際結婚の手続き|結婚移民(F-6)ビザを申請するために必要な書…

  7. 【補足】韓国へ渡航後、観光ビザからD-4ビザに変更する場合

  8. 韓国のワーホリビザ申請方法と活動計画書の書き方

コメント

  • コメント (11)

  • トラックバックは利用できません。

    • 石井
    • 2015年 9月 28日

    はじめまして。^_^
    参考になる記事ばかり、とても助かっております。
    韓国人男性と婚約中、30代、石井(女)と申します。

    来年、3月から韓国へ移住予定なのですが
    韓国語能力検定を持っていない為
    韓国にて学校(塾)へ通い取得する予定です。
    (現在、日本にてマンツーマン塾へ通っています。韓国では語学堂に通う予定は無しです。)

    そんな中、1ッ質問があります。

    来年3月に、韓国・日本と婚姻届けのみ提出

    例えば、VISA申請を半年後、1年後にする事は可能なのでしょうか?
    (それまでno VISAで3ヶ月に1度、日本へ一時帰国する予定です。)

    婚姻届けを提出してから、VISA申請には期限が設けられているのでしょうか?

    彼の一人暮らしの家で、彼と一緒に生活予定です。^_^

    今の所、所得要件は問題無いのですが
    私の語学を証明する物が無いので
    上記の事を考えております。

    お答え頂けると幸いです。
    よろしくお願いします。

      • イキ
      • 2015年 9月 29日

      コメントありがとうございます。
      ビザの申請期限は特に決まっているわけではなく、要件を満たしさえすれば日本にある韓国領事館でいつでも申請可能です。

      あと、能力試験の資格ですが、とりあえず一級があれば問題ないようなので、すぐに取得できると思います。

      もし、男性の方が日本語の資格(JLPTなど)を持っておられれば、そちらでも代替できると思います。

      準備で色々大変だと思いますが、がんばってください^ ^

    • 石井
    • 2015年 9月 29日

    返信ありがとうございます。^_^

    期限等が特に無いようで、安心しました!

    ひとまず、婚姻を済ませてから
    わたしの語学証明が無いので
    焦らず、ゆっくり
    VISA申請をしたいと考えておりました。

    婚姻届けを提出してから
    半年以内にはVISA申請が出来たら良いな…
    と思っております。

    私達は、韓国語で会話をしています。

    私自身、勉強して…では無く
    韓国人の友人達に囲まれていたので
    耳で韓国語を覚えてしまっていて
    いざ、勉強となると、全く別物て苦戦しております…ㅠㅠ

    トピック1級を目指して勉強しておりますが
    来年の韓国で開催されるトピック1級を受験してみようと計画しております。

    想像するだけで準備で心が折れそうですが
    こちらのブログを参考に頑張って進めて行きます!

    ありがとうございます。^_^
    また何かあればコメントさせて頂きますので、よろしくお願いします。

    • 箕尾
    • 2016年 1月 26日

    韓国にワーキングホリデーVISAで入国し、2016.2月にVISAが切れます。
    韓国人の方と結婚し、韓国では籍を入れております。その書類を持って、ワーキングホリデーVISAが切れる前に日本に帰り、日本で籍を入れ、配偶者VISAを申請するつもりです。
    こちらで、書いてくださっているF6VISAというのは、日本にて入籍し、配偶者VISAを取得し、初めて申請できるものでしょうか?
    彼が出入国管理に電話で聞いたところ、とりあえず申請したら?というスタンスだったようなんですが、実際できるものなんでしょうか?
    出来たとしても、入国などにかかわるので後々何か起こると嫌だな、と心配しております。
    教えて頂けますと、幸いでございます。

      • イキ
      • 2016年 1月 26日

      コメントありがとうございます。
      メールアドレスの方に返信させていただきました。

    • こばやし
    • 2016年 3月 13日

    はじめまして。
    小林と申します。
    当方、日本在住、間もなく韓国在住の韓国人の男性と婚姻する予定です。
    記事を参考にさせて頂き、ブックマークしております!

    もしおわかりになりましたら教えて頂きたいのですが、韓国での外国人登録証を申請、受領するには、まず先に査証(F6)の申請が必要なのでしょうか?

    現在、妊娠中で、そのような中、韓国での結婚式、婚姻申告の手続きを控えており、韓国の健康保険証も無いため、1ヶ月近い韓国滞在に不安を抱えておりま。
    (万が一のとき、医療費が実費となる為)

    査証の取得には相当な時間がかかりそうなので、先に外国人登録を行い、保険証だけでも受領できればと考えておりました。

    査証を取得していなくても、婚姻関係証明書などの書類があれば外国人登録証の申請が可能なのか等、
    もし情報をお持ちでしたら、教えていただけたら幸いです。

    宜しくお願い致します。

      • ヨシ
      • 2016年 3月 13日

      コメントありがとうございます。
      状況はわかりました。
      とても残念ではあるのですが、、
      査証なしに外国人登録をすることはできません。

      というのも韓国において、外国人登録は90日以上滞在する外国人が対象であるため、無査証(滞在日数が90日以内)で入国した外国人は登録対象にならないからです。

      つまり、基本的に査証発給と外国人登録はセットですので、F-6査証習得前に、登録証の受け取りは難しいと思います。

      時間と予算があればD-4査証やワーホリビザで入国し、外国人登録をするという方法もありますが、、それであればF-6査証の方が早いですよね。。

      保険でしたら、旅行者保険などでは対応できないのでしょうか?
      あまり詳しくないのですが、国民健康保険であれば、海外での治療費をあとで受け取れるという制度もあったと記憶しています。

      的確なアドバイスはできないのですが、申し訳ありません。

      また何かありましたら気楽にコメントでも残してください。

        • こばやし
        • 2016年 3月 13日

        ご丁寧に早急にご返信頂きましてありがとうございました。
        やはり、査証取得後でなければ外国人登録証は申請できないんですね。
        海外旅行保険も妊娠22週未満までしか保障がなく、
        途方にくれておりました。
        今後、査証取得手続などで、わからないことがありましたらご質問させていただくかと思います。
        その時はまた宜しくお願い致します。

    • 23
    • 2017年 1月 16日

    はじめまして。いつも韓ビズを利用させていただいています。今回初めてのコメントです。

    『4.日本に婚姻届を出す』の「2.日本の役所に郵送する。」の部分で質問があります。

    イキさんが日本の役所に郵送された書類の中に、②婚姻関係証明書とその韓国語翻訳(各1通)、③家族関係証明書とその韓国語翻訳(各1通)とあるのですが、これらの書類の翻訳は日本語ではなく韓国語で合っているでしょうか?

    また、「家族関係証明書」がどのようなもので、どのように入手できるのかを知りたいです。
    これは、新しい婚姻関係証明書が出来上がると同時に発行されるものなのでしょうか?

    ご回答の程、よろしくお願いいたしますm(__)m

      • ヨシ
      • 2017年 1月 16日

      コメントありがとうございます。
      該当部分の「韓国語翻訳」は日本語翻訳の間違いですね。申し訳ありません。
      おそらく「その韓国語の翻訳」と書こうと思っていたのですが、
      紛らわしいので日本語翻訳に訂正しておきました。
      ご指摘ありがとうございます。

      家族関係証明書ですが、日本でいう戸籍謄本みたいなもので、
      区役所や住民センターの窓口、自動発行機で発行できると思いますよ。
      ただその中にご自身の名前が記載されていないといけないのですが、
      韓国で婚姻届を提出後、1週間ほどでデータが更新されると思います。
      婚姻関係証明書が発行できたら、家族関係証明書も発行できます。

        • 23
        • 2017年 1月 17日

        ご丁寧にご回答いただき、ありがとうございます!
        家族関係証明書についても、詳しいご説明ありがとうございます。
        これからもこちらのブログを参考にさせていただきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。