韓国での就職・仕事は日本語教師から始めるべき理由

私は今、ソウルにある日本語学院で日本語教師として働いています。

韓国に留学にきた当初は、日本語教師という仕事について全く考えたこともなかったのですが、いろいろな事情があって今の仕事に落ち着いています。

で、働いて3年くらいになりますが、韓国で働きたいという方は、まず日本語教師から始めた方がよいのではないかと思うようになりました。

もちろん、日本語教師の仕事が決して簡単なわけではありませんが、外国人がふつうの韓国の会社に入るよりは、確率がぐんと高まります。その分、競争率も高いですが・・

そんなわけで今回は、韓国での日本語教師の仕事について書いてみたいと思います。

外国人が韓国で就職するのは狭き門

留学ビザ、ワーホリビザを合わせると、約2年の間、韓国で生活しました。

その間、アルバイトをしたり、個人的に日本語を教えたりしながら生活をしていたのですが、同時に、会社の面接なども何回か受けました。

で、これがけっこう厳しい。まず外国人(日本人)を採用する企業が少なく、貿易や翻訳などの会社であれば、ある程度の職務経験が求められます。

私の場合、大学院を出てからすぐに留学したので、職務経験がありません。。なので、日本で何かしら会社勤めの経験をお持ちの方は、まだ可能性が残されているかもしれません。

そして、今現在、韓国はものすごく就職難です。サムスン、現代などの大企業に入れるのはほんとごく一握りで、若者の失業率がここ数年でかなり高くなっています。

実際に、韓国のスタバなどに入れば、TOEIC、TOEFLなどの資格勉強をしている学生や、スタディーグループを作って、面接準備をしている若者などをよく見かけます。

つまり、韓国の一般企業に就職するためには、こうした就職活動中の韓国人との熾烈な競争に勝つ必要があるわけです。

スポンサーリンク

日本語教師として働く

外国人が韓国で就職するための方法は、大きく2つに分かれると思います。一つ目は、先ほど述べたように韓国の一般企業に就職するという方法。

「どうしても韓国の会社で仕事したい」という方は、まずは日本での会社勤めの経験があるか否かが重要になってくると思います。特に専門職であればなおさらです。

私は早々とあきらめましたが、周りの友人の中には見事、面接を勝ち抜いて、汝矣島にある会社で働いている人もいます。

そしてもうひとつが、外国語教育機関、つまり日本人であれば日本語学校に就職し、日本語教師として働くという方法です。

最近は相対的に減少傾向にありますが、それでも韓国は依然として日本語学習者が多い国のひとつです。その分、競争率も高いですが、韓国の一般企業に比べるとそこまで高くありません。

ただし、ここで勘違いしてほしくないことは、ネイティブだからといって日本語を教えられるわけではないということです。

ひと昔前であれば、ネイディブというだけで日本語教師になれた時代もあったそうですが、今はそういうわけにはいきません。授業の質もきちんと問われます。

そこで私がゼロから今の日本語教師の職にたどり着くまでの経緯を、簡単に紹介させていただきます。韓国でこれから日本語教師を目指しているという方はぜひ参考にしてみてください。

韓国で日本語教師として働くには

まず、私自身、大学での専攻は日本語教育ではありません。国語も得意というわけではありません。。

ただ、日本人が学校で学ぶ日本語(国語)と外国人が学ぶ日本語は、別物だといってもいいです。ですので、高校時代に国語の成績がやばかったという方でも、きちんと勉強すれば教えることができるようになります。

さて、日本語学院で働くための要件ですが、だいたい以下のような条件が書かれています。

  1. 日本語教育専攻者、または副専攻者
  2. 日本語教育能力検定試験合格者
  3. 日本語教師養成講座420時間修了者
  4. 日本語教育機関等で授業経験のある者
  5. 四年制大学卒業者

この中で必須になっているのが、5番目の「四年制大学卒業者」です。というのも、四年制大学を卒業していないと、会話指導ビザ(E-2査証)を発行することができないからです。結婚移民ビザや永住権など、ビザに問題のない方は問題ありません。

そして、ゼロから日本語教師を目指す場合、3番目の「日本語教師養成講座」を受講し、2番目の検定試験に合格するという流れが一番わかりやすいと思います。

スポンサーリンク

日本語教師養成講座とは?

文化庁が指定した日本語教師養成のための標準的な教育講座を意味します。この420時間講座を修了し、そのあと、日本語教育能力検定試験に合格すれば、日本語教師の資格が習得できます。

ただこの検定試験はけっこう難しいです。1年に1回だけ試験を受けることができますが、その合格率は20-30%。けっして高くありません。

じゃあ、この試験に合格しないと日本語教師になれないのかというと、必ずしもそういうわけではありません。「日本語教師養成講座で420時間の教育を受けている者(修了者)」という項目をクリアしていれば、日本語教師有資格者とみなされるからです。

通学制と通信制

それではどうやって受講すればいいのか。これも大きく2つの方法に分かれます。

まず、日本語教師養成講座を開講している語学スクールに通い、資格を取得するという方法です。多くの日本語学校が講座を開講しているほか、「資格の〇〇」等の大手の資格スクールでも開講されているようです。

もう一つは通信制ですが、これは学校に通わずに資格取得を目指すというものです。「生涯学習の○○」なんかが有名ですね。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、順番に説明します。

通学制

まず理論と実践。この2つをバランスよく学ぶことができるのが通学制の特徴と言っていいと思います。

たとえば、日本語学校であれば、その学校に通っている外国人学生に対する模擬授業ができるので、机上の学習だけでは得られない経験をすることができます。

デメリットは受講料。通信制に比べるとどうしても高くなってしまいます。だいたい50万円のところが多いようです。

通信制

通信制のメリットはなんといっても自分のペース、好きな場所で勉強できるということ。仕事をしながら勉強もできるという点では、勉強時間に融通がききやすいと言えるでしょう。

ただし、環境という強制力がはたらかないので、途中で勉強しなくなったり、怠けたりしがちです。一緒に勉強する人がいないと、けっこう孤独かもしれません。

私の場合、こちらの通学制にお世話になりました。というか、海外に滞在しているので、通学は無理なので・・・

もし、私のように韓国滞在中に日本語教師になることを検討している方は、通信制が便利だと思いますが、そうじゃない方は、極力、学校に通いながら資格を取得するのがよいのではと思います。

というのも、通信制の場合、「日本語教育に関する研修を420時間以上受講したという証明にはならない」とされているからです。また、通学制と通信制の併用プログラムの場合でも、通信制が主でない場合には、420時間以上の研修をしたとは認められないという見解が法務省から出ています。

ということで、私は通信制で学びながら、検定試験を準備するという道を選択しました。いろいろネットで探してみて、受講することにしたのが「NAFL日本語教師養成プログラム」です。

NAFL日本語教師養成プログラム

大学受験のときにお世話になった「アルク」の通信講座になります。大学に入っても、英語の論文を読むときには、英辞郎をよく使ったなぁ。

ここを選んだ理由は、海外受講も可ってところです。ほかの講座はどうなのかわかりませんが、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムは、教材を海外まで送ってくれます。(別途、海外発送手数料がかかります)

受講料は、94,000円(税抜)。税金や海外発送手数料を含めると、約10万円ほどで学ぶことができます。やはり通学するより圧倒的に学費が安いのが魅力ですね。

詳しくは下のページを参考にしてみてください。

➡️NAFL日本語教師養成プログラムについて詳しくみる

面接までの準備過程

当時は日本語を教えるという経験が全くなかったので、韓国人相手に日本語の家庭教師を始めました。

最初は日本語に興味のある友人や知人、紹介などで学生を集め、それからブログを使って定期的に学生を集めていました。

韓国でアルバイト|日本語家庭教師の学生を集める方法
今回の記事では韓国で日本語家庭教師のアルバイトを始める方法と、学生を集める方法、そして学生の満足度を高め(通常よりちょっと高い)報酬をいただけちゃう方法を公開します。

これによって韓国人が日本語を学ぶ上で、どこがつまづきやすいのかが分かるようになり、実践経験を積むことができました。

あと面接のときにもアピールポイントになったので、おすすめです。

日本での塾講師経験が生きる?

あとは、履歴書を片っ端から送りました。何社送ったのか覚えていないですが、そのうち面接の連絡をいただいたのは3校ほど。そのうち2校は日本留学試験(EJU)の専門学校で、残り1校は一般の日本語学校でした。

最終的に選んだのは、日本留学試験の専門学校。小論文、面接、日本語、総合科目など、日本の大学を準備する韓国人学生を相手に日本語を教えている塾です。

ここだけの話ですが、日本語だけを教えられる先生よりも、英語、数学、社会、小論文など、大学受験科目を教えることができる先生は重宝されるようです。例えば、日本で塾講師の経験がある方は、日本語の授業経験がなくても、即戦力として評価されるという話を聞きました。

幸い、私も大学で論文を書いたりしていたので、小論文を教える自信があったのと、歴史や政治が専門なので、大学入試の社会科目を教えるのも得意でした。

私もおそらく日本語を教える能力ではなく、大学入試科目を教える部分を評価されて、採用されたのだと思います。(最初は日本語の授業を教えていませんでした。)

なので、もし塾講師の経験のあるという方は、日本留学試験コースを開講している日本語学校で働くことを検討してみてはどうでしょうか。

おわりに

最後に私がチェックしていた求人サイトを載せておきます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 海外移住者だからこそブログを始めるチャンスだと思う

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA