【まとめ】韓国のビザの種類と申請方法|観光・留学・結婚ビザ

留学ビザ、ワーホリビザなど、各自の目的に応じてビザを取得する必要があるわけですが、「ビザの申請って面倒くさい!」ですよね。

私はこれまで3、4回、ビザの申請をしてきましたが、全部一人で書類を準備しました。ほんと面倒でした・・・

韓国のビザの種類は色々ありますが、私が今まで取得したことのあるビザについてまとめてみました。

観光ビザ

これは韓国に90日以内滞在する日本人であれば、誰でも韓国に滞在することができる所謂ノービザのことです。

韓国に旅行するためには特にビザは必要なく、パスポートだけあれば入国できます。

今では何とも思わなくなりましたが、最初の頃は、入国審査の際、指紋と顔写真をとられ、審査官から韓国語で質問された時、ものすごく緊張しました;;

また、観光ビザは旅行だけでなく、語学堂など、韓国語教育機関で3ヶ月以内の短期留学もすることができます。そして、3ヶ月ごとの出入国を繰り返せば、理論的には何年も滞在することができるので、実は長期留学も可能だったりします。

ただし、韓国内で携帯電話の契約や銀行口座の開設はできないので、長期留学を考えている人は次に説明する留学ビザを取得しておいた方がいいですね。

留学ビザ

ここでは大学付属の語学堂や民間語学学校で韓国語を学ぶ人が取得する一般研修ビザ(D-4)についてまとめています。

韓国内の大学で学位を取得する人や、交換留学生の場合、留学ビザ(D-2)を申請する必要がありますが、申請したことがないため割愛します。

D-4ビザの取得方法

観光ビザからD-4ビザに切り替える方法

就業ビザ

ここではワーキングホリデービザ(H-1)について説明してます。

留学ビザの場合には、アルバイトをするために資格外活動許可を受ける必要がありますが、ワーキングホリデービザは一部の職種を除き、アルバイトが可能です。

また留学ビザと異なり、学校に通う必要はないのでかなり自由度の高いビザだと言えます。(もちろん、語学堂に通って韓国語を勉強することもできます)

詳細については以下のページを参考にしてください。

ワーキングホリデービザの申請方法

ワーホリビザの場合の外国人登録

結婚ビザ

最後に結婚ビザ(F-6)についてのまとめです。個人的に一番時間がかかり、準備が大変だったビザです。

韓国で国際結婚する上で避けて通れない結婚ビザですが、このビザがあれば生活で困ることはないでしょう。

結婚ビザの申請手続きについて

結婚ビザの場合の外国人登録

その他:再入国許可について

以前は外国人登録をしている外国人が韓国を出国後、再び入国するためには、再入国許可証が必要でした。手数料が3-5万ウォンとけっこうしたんですよね・・

ただし、2010年より在留資格のある外国人が1年以内に再入国する場合には、再入国許可証が免除されています。永住ビザ(F-5)などは2年以内だそうですが、留学ビザやワーホリビザの方は日本に一時帰国する際に、再入国許可をする必要はありません。

かわりに、出入国審査の際、外国人登録証を提示すればOKです。この時、間違って登録証を返還してしまうとビザの効力が消えてしまうので気をつけましょう^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 韓国で結婚移民(F-6)ビザ発給後、外国人登録証の申請と延長方法

  2. 韓国で永住権(F-5ビザ)取得に必要な書類と受け取るまでの全過程

  3. 韓国の語学堂で短期留学|D-4ビザを一人で申請する方法

  4. 【保存版】韓国で国際結婚の申請とF-6査証に関するまとめ

  5. 韓国で国際結婚の手続き|結婚移民(F-6)ビザを申請するために必要な書…

  6. 在韓日本大使館領事部で警察証明書を申請する方法

  7. 【補足】韓国へ渡航後、観光ビザからD-4ビザに変更する場合

  8. 韓国のワーホリビザ申請方法と活動計画書の書き方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。